カードローンキャッシング徹底比較のeraboo!

FPのマネー術

05.銀行系カードローンが増えたわけ

  テレビを見ていると、最近、有名な俳優さんや女優さんを起用した銀行系カードローンのコマーシャルがよく流れるようになりました。アコムが三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下に入り、プロミスがSMBCコンシューマーファイナンスと名前を変えて、三井住友ホールディングスに入るなど資本関係ができたため「銀行系カードローン」と言われるようになっています。
担保が必要で、審査が厳しいイメージのあった銀行が、近頃、無担保のカードローン事業に力を入れるようになった背景を探ってみましょう。
 もともと景気が良かった時には、銀行融資は一度で大きな金額を貸し出す事業用融資が主流を占めていました。その後、1990年代に入り景気が悪化して事業用融資が低迷するのにしたがって、次第に銀行が個人向け融資にも力を入れるようになりました。
 2000年代に入ると、銀行も証券や保険などを総合的に取り扱えるようになりました。銀行も魅力的な住宅ローンを販売して、個人のメインバンクとなり、給与振込、住宅ローン、投資信託、保険などを総合的に販売して、個人から手数料収入を得るように変わってきました。
 ところがその後住宅ローン金利はどんどん低下し、銀行間の手数料競争はますます激化していきました。そこで、銀行は個人から高い手数料収入を得られる個人向け無担保ローンに注力しはじめました。
これにはもう一つ、背景があります。2010年3月に改正貸金業法が完全施行されてから、年収がゼロかわずかな主婦や学生への融資が大幅に減少。上限金利の取り締まりも厳しくなりました。消費者金融業界の健全化が進み、業者の数も大幅に減少しています。
個人向け融資のすそ野を広げたい銀行と、生き残りをかけた消費者金融の思惑が一致して両者の提携が進んだために、近頃「銀行系カードローン」が目立つようになったというわけです。

更新日時 2012年11月26日

ハートマネー代表氏家 祥美

2010年にFP会社から独立し、「ハートマネー」の代表となる。
「未来をイメージして、今できることから始めれば、未来は必ず良くなる!」を信条に、働く女性と家族に向けて、ライフプランと貯まる仕組みのアドバイスをしている。

ハートマネー代表 氏家 祥美

記事一覧

絞り込み検索

総合人気ランキング銀行低金利ランキング審査スピードランキング

スピード審査・即日融資

みんながおすすめ!カードローン 総合人気ランキング銀行系カードローン低金利ランキング審査スピードランキング

そのままにしておくと損!?クレカリボ払い

特集一覧 お急ぎの方に!スピード審査&即日融資 収入証明書が不要!簡単申込のカードローン 初めての方無利息ありパート/主婦銀行一本化保証人不要今日借りたい!ビジネスローン提携カードローン企業一覧

カンタン基礎講座

FPのマネー術

知って安心!カードローン

ページトップへ